余ったカレーのアレンジ方法

 

カレーを作りすぎてしまい食事が連日カレーライスで飽きてしまったなんて経験はありませんか。余って捨ててしまうのはもったいなけど家族に毎日カレーライスでは申し訳ない。捨てずに美味しく食べる方法を紹介したいと思います。まず、カレードリアです。耐熱容器にご飯を入れその上にカレーを乗せチーズ、パン粉をかけオーブンで焼き上げればカレーライスとはまた違った雰囲気が楽しめます。更にご飯をマカロニやパスタに換えればグラタン風になります。温泉卵をトッピングし崩して混ぜ合わせながら食べるのも良いですね。次に日本人の定番カレーうどん。だしや醤油で味を和風に調整して緩い場合水溶き片栗粉でとろみをつけます。ネギや油揚げなどの具材を追加しても良いと思います。ゆで上げたうどんにカレースープをかければカレーうどんの出来上がりです。ただ、食べる際に服にはねないよう注意が必要ですね。また、カレーパンとしても活用することができます。本格的にパン生地から手作りして揚げるのも美味しいですよね。でも、パン生地は手間も時間もかかって面倒な場合も多いと思います。そんな時は食パンをお勧めします。厚めの食パンでしたら真ん中に切れ目を入れその中にカレーを入れる。8枚切りのような薄めの食パンでしたらカレーをサンドして側面を小麦粉を水で溶いたものを塗り油で揚げます。ただ、水っぽいカレーですとパンから出て揚げている最中に油がはねてしまう場合があるため注意が必要です。最後にカレーコロッケです。普通のコロッケも美味しいですがカレーコロッケも普通のものと比べるとスパイシーで美味しいですよね。余ったカレーの水分が多い場合は温めて水分を飛ばす必要があります。茹でたジャガイモを加えて潰し手で成形しやすくなるくらいの固さに調整します。あまりに柔らかいと揚げている最中などに形が崩れてしまうので注意です。卵とパン粉を付け油で揚げれば美味しいカレーコロッケの完成です。このように余ってしまったカレーでもアレンジすることによって色々な料理に変身させることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました